野菜ジュースと青汁の違いは?どっちが良いの?効果・成分を比較してみました!

野菜ジュースと青汁の違いは?どっちが良いの?効果・成分を比較してみました!

 

野菜ジュースと青汁の違いは?どっちが良いの?効果・成分を比較してみました!

 

 

 

野菜ジュースと青汁は野菜不足が気になる方に
とても支持されている栄養補助食品となっています。

 

 

しかし野菜不足の解消に野菜ジュースと青汁のどちらが良い
迷ってしまっている方もいると思います。

 

 

そんな野菜ジュースと青汁に違いはあるのでしょうか。

 

 

野菜ジュースと青汁を比較してみました。

 

 

トップへもどる

野菜ジュースと青汁の歴史は?どっちが古い?

 

野菜ジュースと青汁の違いは?どっちが良いの?効果・成分を比較してみました!

 

 

野菜ジュースと青汁はどちらも日本人に親しまれている
人気の健康補助食品となっています。

 

 

特に野菜ジュースと青汁は野菜不足が気になる方に
おすすめの解消方法となっています。

 

 

野菜ジュースと青汁は成分や製法など色々違いはありますが
まずはそれぞれの歴史から見てみましょう。

 

 

青汁は古くは平安時代に書かれた「医心方」という最古の文献
いくつかの植物の葉を利用した汁についての記載があり
歴史は1000年以上も古い事になります。

 

 

現在の青汁の原型は1943年の戦時中に栄養不足の解消
ケールを主原料とした青汁が作られました。

 

 

対して野菜ジュースはアメリカで1948年にキャンベルという会社から
トマトミックスジュースであるV8野菜ジュースが始めて商品化されました。

 

 

日本ではその後の1957年、1959年に明治製菓から野菜ジュース
正式に販売されました。

 

 

つまり野菜ジュースと青汁は商品化という点では
5年ほどしか差が無いという事になります。

 

 

ただ、植物の汁を使用したという点では青汁の方が
医学的に研究されてきた歴史が深いという事になります。

 

 

 

トップへもどる

野菜ジュースと青汁の違いは?成分を比較してみました!

 

野菜ジュースと青汁の違いは?どっちが良いの?効果・成分を比較してみました!

 

 

野菜ジュースと青汁の歴史の違いは商品化については
ほとんど差がないとご紹介させて頂きました。

 

 

しかし青汁の方が健康対策の為に
利用されてきた歴史が1000年以上もあるとご紹介しました。

 

 

そんな野菜ジュースと青汁ですが成分に違いはあるのでしょうか。

 

 

野菜ジュースと青汁の栄養素や成分については
色々サイトを調べてみると青汁の方が栄養価が高いといわれています。

 

 

そこで実際に私が飲んでいるカゴメのつぶより野菜と
有名メーカーのケール青汁1包あたりの栄養成分表示を比較してみる事にしました。

 

 

野菜ジュースと青汁の栄養成分比較
  • カロリー 青汁16〜27キロカロリー 野菜ジュース74キロカロリー
  • タンパク質 青汁0.9g 野菜ジュース1.9g
  • 脂質 青汁0.2〜0.5g 野菜ジュース0g
  • 炭水化物 青汁3.1〜5.6g 野菜ジュース表記無し
  • 糖質 青汁1.1〜2.8g 野菜ジュース15.8g
  • 食物繊維 青汁1.6〜3.3g 野菜ジュース1.3〜2.1g
  • 食塩相当量 青汁0.04〜0.09g 野菜ジュース不使用
  • ビタミンC 青汁67〜136mg 野菜ジュース記載なし
  • ビタミンK 青汁101〜223μg 野菜ジュース7μg
  • カルシウム 青汁77〜210mg 野菜ジュース46mg
  • カリウム 青汁130〜315mg 野菜ジュース850mg
  • 葉酸 青汁58μg 野菜ジュース11〜94μg
  • βカロテン 青汁記載なし 野菜ジュース4.6〜2.3mg
  • リコピン 青汁記載なし 野菜ジュース5.6〜17mg
  • マグネシウム 青汁記載なし 野菜ジュース26mg

 

 

 

 

有名メーカーの青汁と野菜ジュースの栄養成分を比較してみると
ビタミンKやカルシウムなどは青汁の方が豊富に含まれている事がわかります。

 

 

ただ、ケール青汁のビタミンCは後から別に添加されていました。

 

 

 

対して野菜ジュースはリコピンやβカロテンなど
トマトやニンジンに含まれる栄養素が特長となっています。

 

 

野菜ジュースと青汁の違いは?どっちが良いの?効果・成分を比較してみました!

 

 

 

野菜ジュースは砂糖不使用であってもトマトなど野菜含まれる
ショ糖が糖質を大幅に上げているポイントとなっています。

 

 

とはいえ最近の青汁は飲みやすさ重視の商品も増えており
黒糖やはちみつなどが使用されており糖質が気になる方は
成分表記に注意が必要となります。

 

 

糖質は体重60kgの方で1日300gほどが必要となります。

 

 

また青汁は1包はあたり3gの商品と7gの商品が販売されており、
今回は7gの青汁で栄養成分比較を行いました。

 

 

しかし青汁商品の8割以上は3gの内容量となっていたので
表記されている栄養成分の半分以下の商品がほとんどとなっています。

 

 

そして青汁の特長となる食物繊維については最低含有量を
見てみると野菜ジュースとほとんど差が無い事がわかりました。

 

 

商品によっては後から難消化性デキストリンといった不溶性の食物繊維を添加したりと
食物繊維を補う商品も多かったです。

 

 

青汁は植物の葉に多く含まれているビタミンK、
そしてカルシウムが多く、骨粗鬆症対策などに有効である事がわかります。

 

 

対して野菜ジュースはトマトのリコピンやニンジンのβカロテンなど
お肌や美容に良い抗酸化物質が多くなっていました。

 

 

 

 


砂糖、食塩不使用でおどろきの美味しさ!

  • つぶより野菜の口コミと体験談レビュー、最安値購入方法のご紹介!


 

 

 

 

トップへもどる

野菜ジュースと青汁の効果の違いは?

 

野菜ジュースと青汁の違いは?どっちが良いの?効果・成分を比較してみました!

 

 

野菜ジュースと青汁の栄養成分を比較してみると
それぞれの特長にあった栄養素が含まれている事がわかりました。

 

 

ただ、青汁は商品によって内容成分や原材料、内容量に違いがあり
商品選びが難しいという印象でした。

 

 

そんな野菜ジュースと青汁の効果の違いについても
ご紹介させて頂きます。

 

 

野菜ジュースはすでにご紹介させて頂いた通り
リコピンやβカロテンが特長となります。

 

 

リコピンはβカロテンは共に緑黄色野菜の色素に関わる栄養素で
カロテノイドという色素となっています。

 

 

野菜ジュースと青汁の違いは?どっちが良いの?効果・成分を比較してみました!

 

 

 

カロテノイドのひとつとなるリコピンは特にお肌や身体の老化を防いでくれる
抗酸化作用が強い栄養素でビタミンEの100倍といわれています。

 

 

野菜ジュースと青汁の違いは?どっちが良いの?効果・成分を比較してみました!

 

 

 

またβカロテンは体内でビタミンAに変換されアンチエイジングや
がんの予防、皮膚や粘膜を丈夫にしたり視力の維持といった
健康維持にうれしい栄養素となっています。

 

 

 

対して青汁の原材料として多く使用されているのが
ケール、大麦若葉、桑の葉といった原材料です。

 

 

 

ケールについてはすでにご紹介させて頂いた通り
高い栄養素が特長のキャベツの仲間となっています。

 

 

ケールの葉酸は貧血対策に効果的ですし
カルシウム、ビタミンKは骨の健康維持におすすめとなっています。

 

 

またルテインは目の疲労などによいポリフェノールの一種となります。

 

 

 

そして大麦若葉はSOD活性酵素と呼ばれる
抗酸化作用が特長となります。

 

 

SOD活性酵素はお肌や身体の老化を防ぎ、
活性酸素の除去作用が期待できます。

 

 

これらのケール、大麦若葉と合わせて使用される事が多い
桑の葉は糖の吸収を穏やかにする働きが確認されています。

 

 

 

野菜ジュースはトマトやニンジンが良く使用されていますが
青汁はご自身の目指す体質に合わせて原材料を選ぶのがおすすめとなっていますよ。

 

 

 


砂糖、食塩不使用でおどろきの美味しさ!

  • つぶより野菜の口コミと体験談レビュー、最安値購入方法のご紹介!


 

 

トップへもどる

野菜ジュースと青汁共通の注意点は?

 

野菜ジュースと青汁の違いは?どっちが良いの?効果・成分を比較してみました!

 

 

野菜ジュースと青汁の栄養成分や効果について
それぞれ違いをご紹介させて頂きました。

 

 

野菜ジュースと青汁はどちらも正しい商品選びを行う事で
しっかりと嬉しい健康効果がある事がわかりました。

 

 

そんな野菜ジュースと青汁共通の注意点をひとつご紹介します。

 

 

野菜ジュースと青汁共通の注意点
  • タンパク質が不足している

 

 

 

野菜ジュースと青汁共通の注意点として
タンパク質が不足している事があげられます。

 

 

そのため野菜ジュースや青汁だけで食事を長期間まかなうのは
おすすめする事ができません。

 

 

野菜ジュースと青汁を飲みながらしっかりと
大豆やお肉、魚介類なども意識的に摂るようにしてください。

 

 

また野菜ジュースや青汁とプロテインなどを
混ぜて飲まれている方もいらっしゃいますが
まさに完全栄養食だな、という印象です。

 

 

 

 

トップへもどる

野菜ジュースと青汁を混ぜるのはあり?

 

野菜ジュースと青汁の違いは?どっちが良いの?効果・成分を比較してみました!

 

 

野菜ジュースと青汁はそれぞれ特徴がありますが
野菜不足、栄養不足が気になる方にぴったりだとわかりました。

 

 

そんな野菜ジュースと青汁を混ぜるのはありなのでしょうか。

 

 

これは私の個人的な意見となってしまいますが
野菜ジュースと青汁を混ぜるのは全然ありだと思います。

 

 

 

野菜ジュースは液体となっているので粉末タイプの
青汁と混ぜるのもそこまで苦労はしないと思います。

 

 

野菜ジュースに青汁を混ぜる事でカルシウムやビタミンKなど
より高い栄養成分の摂取が期待できます。

 

 

実際に調べてみると青汁と野菜ジュースを混ぜて飲まれている方も多く
意外とポピュラーな組み合わせとなっています。

 

 

ただ、注意点は味だと思います。

 

 

 

野菜ジュースと青汁はどちらも味に特長のある
栄養補助食品となっているので合う、合わないが
はっきりと出てしまうと思います。

 

 

そのため味に特に問題がなければ(我慢できれば)
野菜ジュースと青汁を混ぜて飲んでみてくださいね。

 

 

 

 


砂糖、食塩不使用でおどろきの美味しさ!

  • つぶより野菜の口コミと体験談レビュー、最安値購入方法のご紹介!


 

 

 

トップへもどる

野菜ジュースと青汁の違いは?のまとめ!

 

野菜ジュースと青汁の違いは?どっちが良いの?効果・成分を比較してみました!

 

 

  • 野菜ジュースの歴史は1948年にアメリカで商品化された
  • 青汁は日本では1943年の戦時中に栄養補給としてケール青汁が使用された
  • 植物の汁での栄養補給は1000年以上も歴史がある
  • 野菜ジュースはリコピンやβカロテンが特長
  • 青汁はカルシウムやビタミンKが特長
  • 野菜ジュースは抗酸化作用、ビタミンAの生活習慣病予防が特長
  • 青汁は大麦若葉の抗酸化作用、桑の葉の糖の吸収を抑える働きが特長
  • 野菜ジュースと青汁は合わせてタンパク質の摂取にも注意する
  • 野菜ジュースと青汁を混ぜるのは全然あり!

 

 

 

ここまで野菜ジュースと青汁の違いを歴史や
栄養成分、効果などで比較してみました。

 

 

野菜ジュースと青汁の効果の違いについては桑の葉を除くと
抗酸化作用や栄養成分など大きな違いはないという印象です。

 

 

また青汁は3gの内容量の商品がメインとなっているので
ネットで言われているほど栄養成分に大きな違いはありませんでした。

 

 

ただ、野菜ジュースは砂糖不使用であっても
野菜自体に含まれているショ糖から糖質が気になります。

 

 

青汁にも商品によっては黒糖やはちみつ、フルーツなどの
成分が配合されているので糖質が気になる方は商品選びが重要となります。

 

 

野菜ジュースと青汁はどちらも栄養補給におすすめで
美容や抗酸化作用、生活習慣病対策に働きが期待できます。

 

 

野菜ジュースと青汁の違いは?どっちが良いの?効果・成分を比較してみました!

 

 

 

野菜ジュースと青汁のどちらが良いか検討されていた方は
続けやすい方で野菜不足対策を始めてくださいね。

 

 

 

 


砂糖、食塩不使用でおどろきの美味しさ!

  • つぶより野菜の口コミと体験談レビュー、最安値購入方法のご紹介!


 

 

 

関連ページ

野菜ジュースは赤ちゃんにいつからあげる?手作りジュースはボツリヌス菌に注意!
野菜ジュースは野菜不足や栄養不足が気になる方にとても人気の栄養補助食品となっています。そんな野菜ジュースは赤ちゃんにいつから飲ませてあげられるのでしょうか。野菜ジュースを赤ちゃんに飲ませてあげる場合の注意点を合わせてご紹介させて頂きます。